menu

東京で会社を設立するならの記事一覧 - 会社設立ガイド 東京編

HOME » 東京で会社を設立するなら

東京で会社を設立するなら

会社設立の相談を東京でするなら

 

・会社設立はわからないことだらけ
会社設立が気軽にできるようになった昨今、何もわからないまま会社設立を行おうとする人も増加傾向にあります。
確かに専門家などに相談すれば簡単に会社設立は可能ですが、まったく何も知識がない状態で会社設立を行おうとするのは危険です。
リスクもあるということをしっかり理解しておくことが必要となります。
まずはリスクについても考えて、慎重に行動していくようにしましょう。
単純に会社設立では必要となる手続きや申請も多く、それらをしっかり行って認証や許可を得ないと行えません。
そのため、まずは必要となる手順や流れなども把握しておくことが必要となるのです。
その他、わからないことをわからないままにしておくと、後々のトラブルや問題にも発展してくることがありますので、そこは注意してください。

 

・会社設立の相談を東京で乗ってくれるところ
会社設立に関しては、相談に乗ってくれるところも多いです。
東京なら色々なところが相談に乗ってくれるので、まずはそういうところを見つけておくべきだと言えるでしょう。
まず、会社設立の相談に関しては、税務署に相談することができます。
税務署は税金全般の相談に乗ってくれるので、税金の相談がある場合は窓口を利用してみてください。
ただ、税務署はあくまでも税金を管理しているところなので、税金に関することしか質問することができません。
その他、登記などの相談がある場合は法務局を利用すると良いです。
東京には法務局もあるので、直接出向いて相談に乗ってもらうということもできます。
何か登記のことでわからないことがあるなら、法務局に直接問い合わせした方が良いです。
それでもわからないことがある場合は、専門家に相談してみてください。
専門家の中には、司法書士や行政書士、税理士などがいます。
彼らはそれぞれ専門分野に特化しているので、とても頼りになるはずです。
ぜひ、上手に活用してみてください。

 

・無料相談には限界がある
無料相談の場合は、限界もあるので注意が必要となってきます。
結局のところ、会社設立では自分でやらなくてはならないことも多いです。
税務署も法務局も他の業務があるので忙しいですし、そもそも会社設立そのものに関する相談などに関しては、乗ってくれないことも多いです。
そのため、どうしても相談に乗ってもらいたいということであれば、専門家を活用することをおすすめです。

会社設立をアメリカでする魅力

 

会社設立を考えている方も多い中、近年は海外で起業するという方も多くなっています。
その中でも特に人気なのが、アメリカです。
アメリカは世界一の産業大国であり、オフィスや商業の地区が立ち並ぶ大都会が多数あるのが特徴となっています。
そんなアメリカはチャンスにも満ちている国として知られ、近年でも多くの方が会社設立で成功するために、色々なチャンスを狙っています。
もちろん、簡単に起業が成功するとは言えませんし、単純に会社設立とは言っても日本とは違った手続きや申請が必要です。
ただ、その点さえ乗り越えれば、魅力的な世界を舞台に事業を行うこともできるのです。
近年はそういう点も人気となっていて、アメリカで起業するという方が沢山います。
そんなアメリカでの会社設立に関しては、魅力を知っておくことでより会社設立を行いたくなるのではないでしょうか。

まず、アメリカにはビジネスチャンスが沢山残っているのが特徴です。
日本では、これから少子化が進み、さらに高齢化も加速していくことが予測できます。
そうなると、日本の市場はさらに縮小していくということがわかるでしょう。
しかし、アメリカには多くの方が集まっていて、まだまだビジネスチャンスは豊富です。
そういう意味でも、やはりしっかりとビジネスをやる舞台としては魅力も大きいと言えるでしょう。
また、各種世界的な企業が多数存在しており、近年は色々な場所で活躍することができるというのも魅力と言えます。
アメリカはどのような事業が成功するか未知数ですが、当たればとても大きく稼ぐこともできるということで、色々な方が会社設立を行っています。
日本に比べても、より会社設立をする人は敷居も低いと言えるかもしれません。
誰もがトライするチャンスを持っており、それがアメリカンドリームに繋がる可能性もとても大きいということです。

色々な方が成功者となれるアメリカこそ、ビジネスを行うには最適な場だと言えます。
まずは色々な点をしっかりと精査し、その上で会社設立を行ってみてください。
もちろん、アメリカで会社設立をする場合は、しっかりとした準備が必要となります。
そこさえしっかりしておけば、実は日本と同様に会社設立もそこまで難しくはありません。
チャンスも豊富で稼げる市場としても知られるアメリカは、これからも世界の中心として色々な魅力が見つけられるかもしれません。
そこで会社設立をするというだけでも、魅力は大きいと言えるでしょう。

会社設立時における取締役の決め方と責任!

 

会社を設立するときは会社の取締役となる役員を決めなければなりません。
その取締役を決めるときはどうやって決めればいいのでしょうか。
取締役の人数は取締役会を設置するか否かによって異なるので、会社を設立する際の取締役の決め方や取締役の責任について見ていきましょう。

・取締役は最低1人は必要!?
取締役を決めるときは、取締役会を設置するときとしないときによって人数が異なります。
取締役会を設置するときは最低3人以上の取締役が必要になるのですが、取締役会を設置しないときは1人の取締役を決めるだけで済みます。
そもそも、取締役というのは主に会社の業務における管理や決定を行う人で、会社内でもっとも発言力・決定権が強くなります。
その分、精神的な負担にもなり得るので、取締役を設置するときは1人ではなく2人以上を取締役にしたほうがいいとも言われています。
尚、会社設立から大きな企業にしていきたい場合は、取締役会を設置したほうが信頼を得られるためビジネスや融資を受ける際に有効であるとされています。

・取締役の責任とは?
しかし、会社を設立するときに取締役を決める場合は、取締役の責任についてもよく理解しておかなければなりません。
取締役は権限を与えられるだけでなく、責任や損害賠償の責任を負ってしまう可能性もあります。
取締役の責任とは役員としての任務を怠ったことによる責任や、第三者に生じた損害を賠償する責任を負ってしまうこともあります。
取締役は法令及び株主総会の決議に従い、その職務を遂行しなければならないのですが、この業務を怠ったとき会社への損害賠償を負うことになります。
他にも、取締役となる人にはさまざまな責任が伴ってしまうので、取締役を決めるときは慎重に決めるようにしましょう。
誰が的確なのかを考えて「この人なら任せられる」と感じる人に、取締役になってもらうのがおすすめですよ。

このように取締役を決めるときは、まず取締役会を設置するか否かを考えるようにしましょう。
取締役会を設置するという場合は、最低でも3人以上の取締役が必要になり、3人以上であれば何人でも取締役を決められます。
また、取締役会を設置しないという場合は、1人取締役を決めるだけで済むので手間もかからないでしょう。
しかし、取締役となる人には精神的に大きな負担になってしまうこともあるので、1人というよりは2人、3人などの取締役を決めたほうがいいと思います。

会社設立を株式会社で!どうやって開業するの?

 

個人事業主としての事業がある程度軌道に乗れば、次に視野に入れることは法人化ではないでしょうか。
法人化することで、税金の優遇措置も受けられるため、ある程度の売上高を得ている事業で
あれば、できるだけ早い段階で法人化を考えた方がいいでしょう。
そこで今回は、会社設立を考えている人向けに、株式会社を立ち上げるための基本的な知識を紹介したいと思います。

まずどのように手続きをすればいいのかと言うと、公証人役場と法務局に届け出ることになります。
公証人役場には定款を認証してもらう必要がありますので、 まずは定款を作成するようにしましょう。

定款の認証には、定款印紙代4万円と公証人手数料5万円が必要となります。
それでは納めて定款の認証が終われば、資本金として預けるお金を個人口座の銀行に預けて、預けた銀行に出資証明書を発行してもらいます。
これは会社を設立することを銀行に伝えれば、銀行に手数料を支払って発行してもらえるものです。

その出資証明書を登記申請書などの書類と一緒に法務局に提出すれば、登記手続きの完了となります。
なお登記の際は登記申請書以外にも定款謄本や、取締役の印鑑登録証明書、発起人決定書、印鑑届出書などの書類が必要になります。
これらの書類で一つでも不備があれば申請が認められませんので、準備の段階でしっかりと用意する書類を確認しておきましょう。

ちなみにこれらの手続きは司法書士や弁護士に依頼すれば誰でやってもらうことができます。
その際には委任状を書いて依頼することになりますので、依頼する専門家に相談してみるといいでしょう。

それと先ほど印鑑届出書の書類も必要になると言いましたが、この印鑑届出書というのも代表者印のことです。
この届け出た印鑑が、会社の印鑑ということになりますので、大切に保管するようにしましょう。
注意点としては、これ以降資本金として銀行に預けたお金を、プライベートで使用した場合、法に反する行為となる場合がありますので注意が必要です。

預けた資本金はあくまで会社の運転資金としてしか使用できなくなりますので、個人資金をいくら資本金に回すのかを十分よく考えた上で銀行に預け入れたほうがいいです。
資本金はある程度余裕があった方がいいのですが、後から個人から会社に貸し付けるという意味で、個人資金の方から資本金にお金を加えることができます。
ですので、場合によっては個人資金の方を多めに保有しておいた方がいいかもしれません。

格安で会社設立したい

東京で会社設立するとなると資金調達が大変になるとよく言われますが、できるだけコストを抑えて格安で手続きをするにはどのような手段があるでしょうか?
まず最初に出てくる選択肢は格安を売りにしている会社設立手続きの代行業者で、この手の代行業者は今急速に数を増やしています。 ≫ 続きを読む

会社設立の費用について

東京にはいろいろな種類の会社があって、日々新しい特徴を持つ企業が生まれています。
そんな地域で起業するということはチャンスが多い反面、大変なことがあるのも事実です。
特に会社設立にかかる費用は誰もが苦労する点で、東京は土地や不動産の価格も高いので事務所や店舗を構えるだけでもかなりのお金が必要になります。
そこでまず知っておきたいのが会社設立の費用がどれくらいかかるかという点で、最低限いくらかかるのか分かっていればそこから必要な額を足していけばいいわけですからスムーズな資金調達ができます。
≫ 続きを読む

会社設立の相談

東京で会社設立するにあたって詳しい人に相談したいと人も多いと思いますが、どのような選択肢があるでしょうか?
会社設立手続きは個人事業主の開業届のように税務署へ行って申請すればいいというわけではありませんので、目的によって専門家が異なります。
たとえば税金関連なら税理士ですし、書類作成なら行政書士や司法書士、法的なことなら弁護士という具合に相談相手を分ける必要があります。
また、最近では会社設立手続きの代行を専門に行っている業者もあって、そういったところに相談するという手段もあります。
≫ 続きを読む

会社設立に資格は必要?

東京は会社設立を考える人も多く、激戦区と言える地域ですが、これから経営者になる人はいろいろなところから情報収集をして、より成功に近づけようと努力するでしょう。
会社設立にはそのための手続きに関する知識を深めると同時に、経営して成果を出すための知識も身につけなければなりませんから、日々成長していくことを求められます。
そしてよく疑問にあがるのが「会社設立には資格が必要か?」という声です。
≫ 続きを読む