menu

会社設立と税理士 - 会社設立ガイド 東京編

HOME » 東京で会社を設立するなら » 会社設立と税理士

会社設立と税理士

東京で会社設立を考えている方の中には手続きをサポートしてくれるところを探している方も多いと思いますが、企業ともっとも身近な関係にあるのは税理士なので、まずは税理士から検討するのが一番いいでしょう。
税理士の仕事は主に税金関連で、起業するにあたって法人税や法人住民税(都道府県税・市区町村税)、法人事業税(都道府県税)、地方法人特別税(国税)、消費税(国税)、所得税(国税)、固定資産税(区市町村税)などいろいろな税金がかかりますから、この点を一挙に任せられるのは大きな魅力です。
また、年末調整や確定申告など起業するなら避けては通れないところも税理士の力が役立つところなので、なくてはならない存在だと言えます。

ここまでは税理士の仕事として誰もが想像できる部分だと思いますが、最近では会社設立の手続きをするところからサポートしてくれる税理士も増えています。
たとえば必要書類の作成へのアドバイスをしてくれたり、どこから始めればいいのか、何を準備すればいいのか、資本金はいくらあれば安心なのか細かく教えてくれます。
特に初めて会社設立する人の多くは手続きに関して知識がないケースも多いですから、アドバイスをしてもらえるととても助かるはずです。

このように会社設立のサポートをしてくれる税理士は多くが社会保険労務士や中小企業診断士、行政書士の資格も持っているので、会社設立から会社運営、税金までトータルでサポートできるのです。
ただし登記申請の書類作成と申請代行は司法書士のみしかできませんので、覚えておきましょう。

料金はどんな手続きを任せるかにもよりますが、だいたい10,000円から50,000円程度で、基本的に顧問契約を前提にしています。
したがって、選ぶときには信頼できる人でなければいけませんから、インターネット上で集めた情報だけに頼るのではなく、自分自身で直接会いに行っては話を聞いて決める様にしてください。