menu

会社設立の費用について - 会社設立ガイド 東京編

HOME » 東京で会社を設立するなら » 会社設立の費用について

会社設立の費用について

東京にはいろいろな種類の会社があって、日々新しい特徴を持つ企業が生まれています。
そんな地域で起業するということはチャンスが多い反面、大変なことがあるのも事実です。
特に会社設立にかかる費用は誰もが苦労する点で、東京は土地や不動産の価格も高いので事務所や店舗を構えるだけでもかなりのお金が必要になります。
そこでまず知っておきたいのが会社設立の費用がどれくらいかかるかという点で、最低限いくらかかるのか分かっていればそこから必要な額を足していけばいいわけですからスムーズな資金調達ができます。

現在、会社設立するなら株式会社か合同会社のどちらかになると思いますが、それぞれかかる費用は異なります。
まず株式会社の場合、定款の認証にかかる費用が50,000円、定款印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円、定款謄本代が2冊で2,000円程度、登記事項証明書代が1通600円、印鑑証明書代1通450円かかりますので合計で243,050円が手続き費用になります。
ただし電子定款にする場合は定款印紙代の40,000円がかかりませんので、20,3050円になります。

合同会社の場合は定款の認証が必要ないので定款印紙代が40,000円、登録免許税が60,000円、登記事項証明書代が1通600円、印鑑証明書代1通450円で合計101,050円になります。
こちらも電子定款にすると定款印紙代が0円になるので、大幅な減額が可能です。

以上が会社設立手続きにかかる費用ですが、これはあくまでも手続きに必要な最低限の費用で、このほかにも事務所や店舗を借りるお金や備品を購入するお金、インターネット接続の工事費用なども必要になります。
また、資本金も用意しなければならず、これはだいたい最低でも3か月分の運営資金に相当する額が必要ですから、会社設立にかかる費用はかなり大きな額になることは間違いありません。
ただ多めに用意しておけば余裕のある運営ができるので、資金調達はしっかりやりましょう。