menu

代行業者を利用するメリット - 会社設立ガイド 東京編

HOME » 東京で会社を設立するなら » 代行業者を利用するメリット

代行業者を利用するメリット

東京では会社設立の代行をしてくれる業者が数多く存在しており、初めて会社設立する人や手続きにあまり時間を割けない人のために役立っています。
そこで今回は会社設立代行業者を利用するメリットを紹介したいと思います。
会社設立のメリットとは?

まずはじめに会社設立代行業者とはどのような特徴があるかと言うと、ひと言でいえば会社設立手続きの代行を専門にやっている業者で、定款の作成や登記書類の作成はもちろん、各種必要書類の取得や申請手続きの代行もしてくれます。
中でも定款の作成は今紙でやるのではなく、電子定款が主流になっており、専用のソフトを必要とするので専門的な知識がなければいけません。
また、登記書類の作成や申請を代行できるのは司法書士のみなので、これらの手続きを含めた一連の作業をひとつのところでできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

会社設立手続きにかかる費用は株式会社の場合、自分でやるとなると定款認証手数料50,000円、定款収入印紙代40,000円、定款謄本代2冊でおよそ2,000円、登録免許税150,000円、登記事項証明書代600円、印鑑証明書代450円で合計243,050円かかりますが、業者に代行してもらうと定款を電子定款にできますので40,000円が0円になりますから合計で203,050円になります。
業者を利用するとここに手続きの代行料が入りますが、それでも自分でやるよりは安くなりますので電子定款の作成ができないのであれば代行業者に依頼したほうがお得です。

代行業者の中には業者に司法書士や行政書士、税理士が所属しているところもあれば、法律事務所や会計事務所と提携しているところもあるので、その点はあらかじめ確認が必要です。
所属している代行業者だとすぐに手続きを開始できる分スムーズですが、提携している代行業者だとやや時間がかかることもあります。
このように代行業者を利用すると料金が安くなるだけでなく、スムーズな会社設立ができるのです。