menu

会社設立に資格は必要? - 会社設立ガイド 東京編

HOME » 東京で会社を設立するなら » 会社設立に資格は必要?

会社設立に資格は必要?

東京は会社設立を考える人も多く、激戦区と言える地域ですが、これから経営者になる人はいろいろなところから情報収集をして、より成功に近づけようと努力するでしょう。
会社設立にはそのための手続きに関する知識を深めると同時に、経営して成果を出すための知識も身につけなければなりませんから、日々成長していくことを求められます。
そしてよく疑問にあがるのが「会社設立には資格が必要か?」という声です。

まず答えから言えば会社設立に特別な資格を必要とすることはほとんどありません。
一部の事業に関しては研修や資格取得が必要なものもありますが、一般的な事業においては特に制限はないので安心してください。
ただ経営者として知っておかなければならないことはありますし、そこに役立つ資格を持っておくのは大きなプラスになります。

たとえば経営をしていくうえで会社の会計に関することは必ず把握しておかなければなりませんから、簿記の知識は必須です。
したがって簿記の資格を取得しておくと会計の分野にも強くなりますので、今どれだけ利益が出ていて、いつどのくらい伸び幅があるのかを把握することもできるでしょう。
この点は会計事務所に任せることもできますが、基本的に経営者自身が把握すべきことなので、資格を取らなくても知識はないと難しいでしょう。

中には簿記の資格だけでなく中小企業診断士や社会保険労務士の資格を取得する経営者もいますし、もともと法律に興味があった人が行政書士や司法書士の資格を取得してから会社設立するケースもあります。
行政書士や司法書士の資格があれば会社設立手続きを自分だけで行うことができますし、定款の作成や認証、登記書類の作成・申請までスムーズにできます。

このように会社設立のための資格は必要ないとは言え、知識がないと難しい部分もありますから、取っておいて損はありません。
最近では資格取得支援をしている団体もあるので、そういったところから話を聞いてみるのもいいでしょう。